作業員

エレベーターは定期的な保守が大切|建物点検ガイド

定期的な管理が必須

エレベーター

業者に委託して実施

マンションなどの建物においては定期的な点検が必要になります。エレベーターに関しても同様でこれは乗り物扱いになり国土交通省管轄になります。法律では年に一回定期検査を受診させる必要があります。これを怠ると整備不良として運行できなくなるのです。検査官も建築士などの有資格者が必要になるなど幻覚に定められています。この定期検査に合格するために、保守点検が行われます。エレベーターの定期検査よりも短いスパンで行われることが特徴です。消耗品の交換や、整備などもこれに含まれます。安全に運行するための保守は、建築法でも必要性を定めており、オーナーの責任下において実施しなければならないのです。主に業者に委託して行う事になります。

製品の寿命を延ばす

エレベーターの保守作業は、技術者であれば、行う事ができます。有資格者などに定められていないため、誰でも行う事ができます。しかし安全性を損なうようなことになれば、人の命に関わるのもエレベーターのリスクになります。そのため、信頼できる業者に保守を依頼することが最も大事なポイントになります。社内資格などエレベーターの保守に関しては、メーカーの社内でも技術者のトレーニングや研修などを実施しています。そのため、専門技術者に任せることが最も安全な方法なのです。適切な管理を行う事でエレベーターの寿命も伸ばすことができます。製品を安全にそして長期間にわたって利用するためには、新品の頃から適切な管理や保守を行う事が大事なのです。

安心して乗る

ヘルメット

エレベーターを設置するときには定期的な点検をしてもらうことも契約をする必要があります。定期だけでなくいざというときに即時対応をしてもらうことができるシステムも導入をすると安心して生活をすることができます。

管理費のコストを削減する

男性

マンションの資産価値を守るためには定期的なメンテナンスが必要です。しかし管理費不足で大規模修繕ができないマンションなども出てきています。エレベーターの保守点検の業者を変えることでメンテナンスのコストを削減できます。メーカーではなく独立系の会社に変えるだけで、年間数十万円のコスト削減ができます。

独立系のメンテナンス会社

集合住宅

エレベーターの修理や点検を行う独立系のメンテナンス会社が人気を集めていて、適切な業者を無料で紹介してくれるサービスもあります。独立系のメンテナンス会社では、低価格で点検や修理を行っているほか、緊急時のトラブル対応やリニューアルプランの提案なども行っています。