マンション

エレベーターは定期的な保守が大切|建物点検ガイド

管理費のコストを削減する

男性

資産価値を守る保守点検

マンションを購入すると必ず管理費が徴収されます。これはマンションの管理を行うための費用で、建物や設備を定期的に保守点検し、不具合がある場合は補修するために使われます。マンションのメンテナンスは住民で構成されている管理組合が管理会社に委託します。メンテナンスを行うことによってマンションの資産価値を保つことができるのです。ただし最近は管理費で賄えないケースが増えており、大規模修繕ができないマンションも出てきています。対策としてはメンテナンスのコストを抑えることです。コストが見直せるのがエレベーターの保守点検です。エレベーターは命にも関わる設備なのでメンテナンスは非常に重要です。しかし、メンテナンス業者の選び方でかなりのコストを削減できます。

独立系の会社に委託する

エレベーターのメンテナンスにはメーカーと独立系の会社があります。メーカーというのはエレベーターを製作している会社のことで、故障した時にもメーカーの純正品を使って修理します。エレベーターを製造している会社なので安心感がありますが、メンテナンス費用は高くなります。それに対して独立系の会社は費用が安くなっています。かつては独立系の会社は部品の調達が遅いなどの問題点がありましたが、今ではメーカーからすぐに取り寄せて修理ができるようになっています。独立系の会社のほとんどがメーカーの部品を在庫管理しているので、スピーディーに対応できます。管理費の値上げをしたくない場合、エレベーターのメンテナンスをメーカーから独立系の会社に変えるだけで、年間数十万円のコスト削減ができます。